FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

薬増量、その後

2015年10月06日

8月13日の診察の後。

【主治医か病院を変えた方が良いのかな。
 今のドクターに『支えて貰っている安心』を得られない、支えて貰ってる感なし。】

って、記事を書いた。
私もそう感じているし、息子くんも『あの先生、話聞いてくれない』と言っていた。


その日、8/13から、ジップレキサが倍量の5mgになった。
もう増量されてから、50日以上経つか…


夏休みだったこともあり、大荒れな息子くん。
薬増量の効き目があったのか定かではない。
増量する必要があったかどうかも…薬増量意外に何かなかったのか…

この後の診察が9月18日だった。
中途半端に終わってしまった夏休みの診察、待ちに待った次の診察。

相変わらず、忙しいらしいドクター。
『息子くんは?まだですか?』
➡もう少しで着くと連絡ありました、すいません。と私。

息子くんに見られない様に、夏休みからこっち、【困ったこと・問題点】を書き出して来た紙を渡した。

ざっと見たドクター、
『じゃあ、息子くんが来たらこれを見てディスカッションしましょうか。』
➡先生、それは、ちょっと。息子くんにそのまま見せられては困るんですけど。

私から先生にお願いを4つほど。

*ケンカしても最近離れることを拒否する息子くんに離れる様に改めて話してほしい
*ガツンとぶつかる前に、飲んだことない頓服を飲んでみる様に言ってほしい
*第三者に介入して貰う事の必要性と重要性について話してほしい
*君のタイプはこう、だからこんな風にしていくと良いというコントロール術を教えてほしい

なんて話をしているところへ息子くん到着。

診察開始。 …相変わらずの診察。

困っていることない? ➡ 別に。
学校は行けてる? ➡ うん。
学校楽しい? ➡ うん、楽しい。
部活はどう? ➡ うん頑張ってる。部活が月と木だけど、もっとあって欲しい。


これじゃあ、イカン!
なんとかこっちから、夏休み困ってる事あったよね?
ケンカが多くって、その事で先生に今回話を聞いて貰うって言って先生に手紙書いたよね?

息子くん、ああ、そうだったかも。って。

話をはじめて、…数分。

ケンカした時に離れる…が出来てないという事に対して。
私と息子くんの認識の違いからドクターの前で大ゲンカに。
夏休みのドロドロの大ゲンカの縮小版。
夏休みに我が家に吹き荒れていた嵐の…

(【夏休みこそ、休みなし…】の記事参照…)


ドクターは私を廊下に出して…
息子くんの話を聞くでもなく…廊下にいる私にはどちらの声も全く聞こえず。

廊下に出されて、また部屋に呼び戻されて。
また、息子くんと揉めると部屋を出され…
何度か繰り返すうち、息子くんが部屋から出てきて。
私には目もくれず、会計に向かって歩き出す息子くん。

その背中を見ながら、どうしたらいいのかを聞く私にドクターが言ったこと。

『1人で帰るって言ってましたけど、一人では危険でしょうね。お母さん、どうします?』

…こっちが聞きたい。

廊下で、息子くんが去った方向を見ながら、
『お母さん、次の予約どうします?』

息子くんがいないのではっきり予定がわからないという私に、
『じゃあ適当に取りましょう。変更は予約センターで出来ますから。』

取られた予約はよりによって部活のある、10/19の月曜で。

『今日は思ったより時間かかってしまったから、本当にこれ以上は1分でも無理だから!』
とドアを閉められてしまって、何も言えず。


この診察予約の変更、またこれで後日揉めまして…
しかも年末まで予約一杯で。なんとか10/23に入れて貰ったけど…。


先生、先生は一体何をしてくれるひとですか…?


この日、前にいた施設職員さんが息子くんに会う為に病院に来てくれていて。
その方と息子くんが話しているところに私が合流して。
その方のお陰さまで、何とか事なきを得て一緒に帰ることが出来たけど…


先生…先生は精神科のドクターで、何をしてくれるひと、ですか?


今、新しい病院探しを本格的に考えています。

にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ


いつも来ていただいてありがとうございます。
ポチッと押していただけると嬉しいです
スポンサーサイト
病院の事 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。