06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

GWは鬼門…

2015年05月09日
こんな筈じゃなかった。

GWは毎年恒例の潮干狩りやら、箱根の温泉施設やらと一生懸命に企画して。
楽しく過ごす予定だった。


2日 日常茶飯事になっている揉め事程度で過ごす。

3日 潮干狩り。朝5時起きで出発。この日もに日常茶飯事の揉め事…
   少しみんな疲れ気味。些細なことでイラッと…

4日 疲れてきたので【息子くん】と離れることに。
   【娘ちゃん】が友人の誕生日プレゼントを買うという用事にかこつけて。
   やっぱり日常茶飯事程度の揉め事…
   いや少し大きいかな。ちょっと閾値が上がった感じ。

5日 箱根の温泉施設へ。やっぱり朝5時起きで出発。

   前の晩、朝食に持っていこうと【娘ちゃん】と2人でお稲荷さんを作り糠漬けを用意。
   早い出発で渋滞にもはまらず、予定の時刻よりも早く到着。
   
   駐車場に車を止め、さあいざ出陣!
   ここで事件。
   『お母さん、携帯もっていっても良い?』 
   『要らないんじゃない?だって温泉だよ?』
   当然肯定と思っていたらしい【息子くん】。これにキレて。収集のつかない事態。
   
   入学式翌日の南京錠の時みたいに、キレまくり。母はボロクソ…
   【お帰り、息子くん (04/13)の記事の中、4/8の出来事…】

   あの時は暴力は出なかったけど、暴言どまりだったけど。
   この日は助手席に座る私の背中に衝撃。【息子くん】がシートに思いっきり蹴り。
   後部座席の【息子くん】の隣に座る【娘ちゃん】の引き攣った顔。
   何かが蘇る…
   
   『それは暴力だよ』
   『は?暴力じゃねーし』
   『頭悪りーな。意味わかんねー。椅子蹴っただけだし。キチガイは黙ってろよ!』  
   
   車から出ました。【息子くん】一人を置いて。
   そのまま、先に行くことも出来ず。引き返すことも出来ず。身動き出来ず。
   【娘ちゃん】もただ、わたしの横に居るだけ。
   4人でここに来るのを誰よりも楽しみにしていた【娘ちゃん】。
   そして主人は…何も言わず、何もせず。
   まぁこの人には、もう殆ど期待はしていませんが。
   
   1時間後、いやもっとかな。にはみんなで温泉施設に居まして。
   上手く切り替えられてというよりは…
   私が必至に一緒に行けるように動いてしまった感はありますが…
   
   それなりに楽しんだ様子… 
   でも、何か引っかかる。
   駄々っ子みたいに屁理屈を並べてみたり、思い通りにならない事にイラついたり。
   爆弾抱えている感じ。

6日 GW明け、明日から学校というこの日。
   休養日と前からみんなで話てたから、ゆっくり…する筈だった。
   
   朝、誰よりも遅く【息子くん】起床。
   みんなから遅れて朝食。
      
   ここで事件…
   パンをお替わりしたいから【パパ】に焼いてと頼む。
   なぜか【パパ】入れてやるけど出すのは自分でやれ。それも冷たく言い放つ。
   『は?なんで?いつもはやってくれるのになんで?は?意味わかんねー!』
   
   更に、【娘ちゃん】とTVで揉める。
   ルールについて話そうとする母と揉める。
勿論、これ以外にも沢山色んな事があって、複雑に絡んじゃって。
   揉める揉める揉める揉める揉める…ずっと揉める…

   本当に本当に長時間、揉め続けた後に…
   君がやってる事はめちゃくちゃだよと言う私に【息子くん】
   
   『ふざけんなよ、偉そうな口きいてんじゃねーぞ、殺すぞ!』


この瞬間、私の心の中で何かがきれました。私が『もう無理だなぁ…』って思った瞬間。

この後も【息子くん】の暴言は続き、鏡が割れたか…何が壊れたか、覚えてない。
上の自分の部屋で物に当たり散らす音をしたで聞きながら泣けてしょうがなかった。

【パパ】もうんざり顔。 でも私、アナタにも実はうんざりしているんだよ。

『わたし、もう無理』
『確かに。俺も無理かも』
『離婚…してくれない?』
『…【娘ちゃん】はどうするんだ?』
『私が引き取りたい』
『ああ、わかった。養育費は俺の給料の中で常識の範囲でしか出せないぞ』

こんなやり取りで離婚に向けて道が出来ました。

この後、すぐに【息子くん】が降りてきて。
『何の話?』
『まあ、これからの事だよ』と【パパ】
『これからの事ってなんだよ?って聞いてんだよ!』

【パパ】が言おうとしているのがわかったから。手で制止したのに。
だって【息子くん】聞こえてたんだよ。きっと。
だって途中から物音しなくなってたよ…

『パパとお母さんは離婚するって決めたんだ。』
『はぁ?それで?どうなんの?』
『【娘ちゃん】はお母さんがみる。【息子くん】は施設だ。やり過ぎたんだよ』

【息子くん】は泣きながら、物に当たり散らし、暴言。

せっかく合格したのにテメーラのせいで高校いけなくなるんだぞ!
ふざけんな!死ね!くそババア!許さねー!
もういけねー。学校なんてもう行かねー!

はいはい。母さん、もう疲れたよ。
【パパ】がいうのも当たってる。
やり過ぎ。君は一線を越えてしまったんだよ。
君の中に、暴言を吐き続ける君の中に、見えてくるものがあるんだよ。
君の切ない思い、自分を止められない歯がゆさもわかる。

けどね、君の中に…君の本当の父親が見えてしまうんだよ。
君には責任無いけど。君は段々父親に似てくる。

お母さん、疲れちゃった。

こんなGWになるはずじゃなかったのに…


にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ


いつも来ていただいてありがとうございます。
ポチッと押していただけると嬉しいです
スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。