03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

入院後カンファレンス初回:2014/06/05

2014年06月07日
入院後、初のカンファレンス。
入院して10日、どんなカンファレンスになるのか、期待大で病院に向かう。
施設職員Yさんと病院で合流。【パパ】さんも参加、私とDr、4人でカンファレンス開始。

まずはDrより、以下入院中の様子の報告を受ける。

*入院後10日経過。病院内での言動を見る限り全く問題なし。
*暴力的になる理由を本人に聞くとわからないと答えます。何を聞いてもわからないと。
 Dr:暴力的になるのは環境によるものかなと思います。それが一番ですね。環境が変わった病院では出ないので。
*何を、どう聞いても、彼の答えは『わからない』
*卓球を好んでやっている。相手が嫌がっても、しつこい。 職員が介入→わかったとすぐに引き下がる。
*日課活動の参加→○
*病院でのルール【人の体に触れない】最初彼は知らずにそういう事があったので職員が注意した。
 →素直に聞き、同じ行動を繰り返さず修正出来ていた。
*薬は児相センターDrの処方で問題ないと思うので、病院での調整はしていない。
 Dr:今になって効いてきているのかなと、抑制されているのかなと診ています。
*入院前に施設職員や親からみてだるそう、疲れている、眠そうなどの状態については薬になれるまでの一過性のものと判断しますとのこと。

以上の、病院内での彼、【息子くん】をみた結果、何回か試し外泊をしたのち、退院の方向でと。
まずは最初の外泊を来週くらいでどうでしょうか?とのお話になる。

私たちとしては、【え?】という感じ。

そしてさらにDrから今後について以下のお話。

●まずは施設に外泊、退院の方向でとの話あり。
外泊時、問題行動が起きた場合は外泊が終了し病院に帰った時に振り返りをしていく。
【施設に外泊、不適合→病院で振り返り→何回か外泊→退院  の流れ】
何度か外泊、問題行動があっても病院で問題行動が無いので退院。
●施設で大きな問題行動が起きた時には、頓服としてリスぺりドンを通常の服薬とは別に使用してはどうかとDrより話あり
→Y職員さんより、大きな問題行動が起きた時、それは無理と思われる、飲ませるのが大変との意見あり。
●やってはいけない事、やらなくてはいけない事は口で言うのではなく、文書、紙に書いて本人に理解させるのが一番効果的。 本人に見せながら書く、明示する方法が有効とDrからご意見
●この10日間の事、何もなかった訳では無いけれど、その都度対応出来て行動修正が出来ていたことは評価できるとDr
まあ成功体験になるのかな。
→問題が表面化しなかっただけ?←これは私たちが思ったこと。
●病院が居心地の良い場所になるのはあまり良い事ではないのでとDr
●今後のことについては主治医の児相センターDrと相談しながらやっていってください
施設側も私たち親も《通院治療はここ》と、児相センターDrにも相談しながらやっていきたいと思っていたし、もう少し長いスパンで治療していただけると思っていた事を伝える。
最初に児相から緊急で連絡が入った時点ではそのような解釈ではなかったと思うが、最初の対応したのは僕ではないので…とDr。今後、ここで継続して治療していくかどうかは今後、また検討しましょうと。

どうして、どこもこういう対応なのか…トータルで診て貰える所は無いのかな…


ここで主人からDrに向けて提案。
*問題が起きた時にどうしたらいいのか、方法を提示することは可能と言ったDrに向けて。
マニュアル的に施設、親、病院、本人も含め、その方法を共有したいので何かそういったものを作ってほしい
→ああ、それは可能ですねとDr

カンファレンスはここまで。ここでDrが【息子くん】を呼びに行き、【息子くん】と久々に会う


最初はDrも含めて【息子くん】と話す。
その後、2・3分でDrは席をはずし、親子水入らずプラスY職員さん。

久しぶり!!と入って来てから、話つづける【息子くん】。何か話をしないといけない!みたいな勢いで話続ける。
私の隣に迷わず座り、体を向けてひっきりなしに喋る、喋る。足を落ち着きなく動かす。
喋りながら笑う…
次から次に会話が飛ぶ。一つの会話が終わっていなくても次の会話に飛ぶ。
運動会、行きたかった、天気はどうだった?とかいろいろ話す…

*PSPがしたい→自宅から持ってくる、施設にはもっていかない、病院で遊ぶだけと約束、6/8面会時に持参する約束
*【娘ちゃん】の書いた新聞を見せるが、笑ったりして読むが、そう大きな反応はなし。
*病院の食事は美味しくもないし不味くもない。施設3寮の食事が懐かしい。食べたいと話す。

●8/4から8/11まで塾の進学合宿があるという話になり、本人行きたいと話す。
それに行くには塾にも学校にも行かなくてはいけないねとY職員さんから話が出る。

いまなら(学校に)行けそうな気がする。
『なんかピースが埋まった気がする、どこから来たピースなんだろう』とも発言ある。
神様が困っている自分の状況を伝えられた【息子くん】にくれたんじゃない?と返すが違うんじゃね?と…
Y職員さんより、ピース、大切にねと声掛けある。

●寮(施設3A)のみんなが懐かしい、みんなに会いたい。
【息子くん】:もうずいぶん会ってない気がする。一年くらいかな?
      →そんなに経ってないよ。
【息子くん】:そうかなすごい久しぶりの気がするんだよ。
      →そんな笑顔の【息子くん】で皆に会うのは久しぶりかもしれないねとY職員さん。


【1年ぶり】と思えるくらい、困っていた期間が【息子くん】には長く感じられていたのかも。
そのくらい、苦しくって辛かったのかも。


*期末試験の話になり、受けたいと本人。
→では…とY職員さんが本人がそういう気持ちでいることを学校の先生に伝えて相談してくると言ってくれる。
教科書を自宅に送り、それを6/8の面会時に届けるので勉強するという約束?を取り付ける。
   これはDrにも【息子くん】の前で報告。
   じゃあ、きちんと勉強しようねとDrから声掛けされる。
   わからないときには?Drは頭が悪いから教えて貰えないよね?学校の先生じゃないもんね。
   Dr、苦笑いで5分程度の時間なら教えられるよと約束して貰う。(^-^;

*パパの誕生日に連絡したかったけど、許可が出なくて出来なかった。(今日、電話OKって許可になったから)私に向かって、来週は電話するから。と。

*Y職員さんより、【アイ君】がもう居ない事が伝えられる。
どこにいったの?保護所でしょ?とか質問あるが、Y職員さんはしらないで通す。
特に【アイ君】の事にはこれ以上拘らず。

*外泊はまずは施設にとDrから話があると【え~!?】と少し残念そうにする


10日ぶりに会った【息子くん】は…
Drから見たらどうなのかはわからない。
でも私から見た【息子くん】は…
困った感が全く解決していない様な…笑って話つづけるけど目が全く笑っていなくって…むしろ怒ったような目。
(これはY職員さんも同じ感じを持ったと後で話す)

はてはて…

【息子くん】の扱いは、【緊急一時保護入院】で治療目的ではないという事だったのか…

1、なぜ暴力的になってしまうのか、
2、自分をどうやってコントロールしていけばいいのか
3、自分の中の天使と悪魔の事

【息子くん】が入院前に、困って、助けてほしいと、だから病院に行きたいと言った上記3点は結局何も解決していない。

たった10日、この時間が短いか長いかはわからない。
【息子くん】も最初は環境が変わった病院で、緊張もし、不安も抱え、様子見ながら生活するだろうに…
それを伝えてもDrは、入院中問題が無いので…と。

なんだか解せないカンファレンスで、私も困った…


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
病院の事 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示
« Happy Birthday! | HOME |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。