FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

修学旅行 前日

2014年05月13日
明日から修学旅行です。

でも、全く学校に行けていない【息子くん】。

修学旅行の荷物は学校で一括して現地に送ります。タイムリミットは今日の朝。
昨日、学校からは修学旅行に行く気があるなら制服に着替え、必ず自分で荷物を持ってくるようにと指示があったそうです。
ハードル、高いな…私も施設職員さんも同じ思いです。

しかも、昨日も大暴れだった【息子くん】です。

そして、【アイ君】からは、『学校行けてないのに、修学旅行行くっておかしくね?』と言われて…同じ施設内の中3の子たちからもおそらく同じように思われていると【息子くん】は思っている。

ただ、【アイ君】には言い返したそうです。

『いや、だって待っててくれてる友達もいるし、寄せ書きとか手紙とかで待ってるって。待ってくれてるんだからおかしくない…』

そうそう。修学旅行がステップになって少しでも学校生活に復帰出来ればいいの、いいの。

今日は小児総合医療センターの初受診の日でもあり、通院の前にきちんと制服に着替え、職員さん付き添いの元、自分で荷物を持っていく事が出来たそうです。
職員さんから朝、連絡をもらい私と職員さん一緒に大喜びしました

今日の病院での事はまた後日、《病院の事》の中で。


さて、診察が終わって、もう一仕事です。

施設の園長と職員、私たち両親、そして【息子くん】本人、校長先生に呼ばれて居ました。
制服を着て、16:00に学校に来て、修学旅行のお約束について確認しあいましょうという趣旨です。

園長と職員は一足先に学校へ。【パパ】さんはちょっと離れて後から1人で。
私と【息子くん】は最初は並んで。だんだん遅れる【息子くん】。
そして後ろから【息子くん】のボヤキというか文句。

『暑いのに、上着着るってなんで!?』
『こんな丁度生徒が帰る時間に呼ぶっておかしいよ!』
『丁度、部活だって始まる時間じゃん!』
『なんで?なんでこの時間なの?下校の時間に合わせるっておかしくね?』  etc…エンドレス…

答えるとバトルになるので、すべて聞こえないふりで前を歩く私の背中にずっと聞こえてくる【息子くん】のボヤキ。
むしろ悲鳴なのかも…なんせ今の【息子くん】にはハードルがこれも高い。
でもこのハードルは越えないと、明日からの旅行には参加できない。
学校まで数分なので、あっという間に着きました。

校長先生、教頭先生、学年主任の1年の時担任だった先生、現在の担任の先生。そして私たち。

まずは校長先生がちょっと威圧的に、学校に来れてないな、施設ではいろいろ問題行動があるらしいなと話かけ、黙る【息子くん】。

校長先生のお話は、
*【息子くん】が来れていない間、他の生徒は事前学習などきちんと準備していた
*本来は学校に来れていないのに修学旅行だけ連れていくというのはどうかと思う
*何か施設内でやっているような問題行動が少しでも出たら迎えに来てもらって帰って貰う
*きちんと先生、班の班長のいう事、指示に従うように

学年主任の先生からは、
*今年度になってから、学校に来れていない日が多く、話が出来ていないけど大丈夫か?
*今まで、何か校内で問題が起きてもその都度話し合いで解決できていた、何かあればまた話し合いで解決しよう。
*修学旅行では勉強以外にも学ぶことがある。友人関係もその一つ。しっかり頑張ろう

担任の先生からは、
*子供の気持ちと大人の気持ちについて話をします
●子供の気持ち
みんな【息子くん】を待っています。事前の準備もしていない、話もできていないけど、何か決める時もこれでアイツ も納得するかなとか、変更になってしまったけど大丈夫かななどいつも気遣ってくれていた。
もちろん何もしないくせにという気持ちが全くないわけではないが、それでも一緒に行きたい、行けるかと心配している。だからこそ、栞も届けてくれた。寄せ書きという形で一緒に行こうという気持ちを伝えてもくれた。
みんなのその気持ちを大事に考えなくてはいけない。
イライラしても、俺はそれイヤだなと思っても、その気持ちを自分でコントロールしなくてはいけない。
●大人の気持ち
みんな忙しいのにここに今日集まっているのは、君が修学旅行に行けるように、何とかしたいという気持ちから。それに対しても感謝の気持ちは忘れてはいけない。


涙が出ました。本当に…担任の先生のお言葉と、学年主任の先生の【息子くん】を思ってくださる気持ちが痛いほど伝わって、ありがたくって涙が出ました。

最後に、先生方から【息子くん】に、修学旅行で終わりではない。修学旅行をステップにして、終わった後も継続して学校に来なくてはいけないよ。という言葉がありました。

担任の先生は、みんなが5時間かけて勉強した事前学習を君にもやってほしい、これから栞を取りに戻って、もう一度学校に来れますか?先生が一対一で30分で君と学習します!とまで言って下さり、【息子くん】栞を取りに帰り戻ってきました…

本当にありがたい事です。若い女性の先生で、お会いしたのが今日初めてだったのですが、良い先生です。

【息子くん】が栞を取りに戻っている間、残っている大人で旅行中に気を付けることなどを話あい、確認しあいました。


ここまで、本当にいろいろな方の骨折りやら、心遣いやらを頂いているのです。
明日の朝、ちょっと早いけど頑張って起きていってほしい。

そして【息子くん】が心配しているような…旅行中に悪魔が出てきたりしない様に自分コントロールが出来ることを祈ります。

初めての飛行機。
少しでも、楽しめますように。
気を付けて行ってらっしゃい!

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
【息子くん】の事 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
はじめまして
さくら桜さん、はじめまして。
kanonさんのブログに時々お邪魔している、まりあと申します。kanonさんのところのURLを見て、訪問させていただきました。

大変な思いをされて頑張っていらっしゃるのですね。
少しでも、心も身体も休養できる時間を確保してくださいね。

うちの息子は、発達関連の病院での診察が、小学3年の時で、その後すぐに入院になりましたが、診察前、入院前はかなり大変でした。当時の主治医から、このままでは親子共倒れになると言われるほど、私も行き詰っていました。

息子さんの修学旅行が無事に終わって、成功体験になるようお祈りしています。
まりあさんへ
はじめまして。
来て見て頂いてありがとうございます。

私も、Kanonさんのブログのコメントなどで実はまりあさんの存在は知っていました。


《このままでは親子共倒れになると言われるほど、私も行き詰っていました。》

大変な思いは一緒ですね。
みなさん通ってきた道なのですね…

まりあさんが仰るように、休養の時間はぜひ確保しようと思います!
こんな風にひとと繋がれる場があるというのは心の栄養になります。
ありがとうございます。

また是非、遊びに来てくださいね!

管理者のみに表示
« 空へ | HOME | 嵐につぐ大嵐 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。