03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

3歳から5歳まで

2014年04月30日
‘息子くん‘が3歳になる前、私‘さくら桜‘は頑張って倍率の高い、いわゆる職業訓練学校の試験を受け、学校に行くことになりました。
(会社、クビになっちゃったので…子供抱えて母子家庭で生きていくのなら資格が必要!と思ったので…)


そこで今の主人に出会いました。

母子家庭で、もうすぐ3歳になる息子がいることは隠していませんでした。ありのまま。

ある日、彼が『いろいろ大変じゃない?息抜きに息子もつれてどこかに遊びに行こうよ』と誘ってくれて。
子連れデートです。

私としては本気になっちゃいけないのもわかっていたし、本当に息子と自分が息抜きするため位に割り切って、八景島に連れて行ってもらいました。
久々なのと、まあデートスポットなので、その雰囲気にのまれたのは事実です。
その後も、そんな息抜きデートは続きました。もちろん息子もつれて。
そのころは息子も事も彼はすごくかわいがってくれて、息子はどんどん彼に懐きました。

あれよあれよとお付き合いはそんな中、2年続き、まあいろいろあったけど再婚することになったわけです。
ちなみに彼もバツイチ(子無し)だったので、お互い再婚です。

順風満帆ではなく、本当にいろいろありましたけどね…
‘息子くん‘5歳になる年の夏、2004年に入籍だけ、しました。

彼のご両親は、私との再婚には大反対。バツイチ子持ちだから。
で、既成事実がないと説得出来ない?って。

夏、入籍する時点で私のお腹には娘がいました…
【娘ちゃん】、【息子くん】の妹です。

再婚を、赤ちゃんがいることも一番喜んだのは【息子くん】だったかもしれません。






スポンサーサイト
【息子くん】と【娘ちゃん】【さくら桜】のこれまで | コメント(0) | トラックバック(0)

1歳から3歳まで

2014年04月30日
保育園生活の始まりです。

本当は1歳前にも無認可保育園で見てもらっていましたが、私の父が亡くなったり、いわゆる母子家庭だったので新年度から認可の保育園に入る事が出来ました。

とてもいい先生に恵まれていました。

‘息子くん‘は普通の子供の様に我儘言ったり、やんちゃだったり、適度にやさしかったり、泣いたり、ごねたり・・・いろいろあったけど、それは特にほかの子供と変わりなく、どこの親も同じだった様にイライラしたり、怒ったり、怒鳴ったり、時には叩いたりと日々生活していました。

ただ…他のお友達と比べて、疳の虫がいるのかなと思う位に癇癪の激しい時が多々あり、ちょっと辟易する場面が多かったのも事実です。

保育園の先生からも、特に気になるところはないですが、大好きな先生がほかの子供と話したり、自分のおしぼりや、持ち物を大好きな先生以外の先生が触ると癇癪を起し手が付けられない様な状態になることがあって、今後担任が変わったりすると心配ですねと言われていました。

このころから、拘りが非常に強い子だったと言えるのかもしれません。

そのせいか、私もイライラして‘息子くん‘を怒ることも多かった様に思います。
私の育て方が悪いと思っていたから。
そうでなくても、イヤイヤ!の時期。わかっているようでわかっていない時期。言葉も一丁前にいろいろ言うけど実はちゃんと意味が分かっていない時期…

「もういい加減にしてよ!」「ねえ、なんでわかんないの!?」「たべてよ!」「なんでそれが出来ないの!?」

どんどん、日毎に私のストレスは溜まり、‘息子くん‘に対してもきつくなっていたように思います。
そうして‘息子くん‘もイライラ…

‘息子くん‘が体が弱く、休みと言えば必ず病院の待合室で待つ…仕事は休まざるをえない状況、母子家庭なのに…余裕ないのに…と気持ちの余裕もなくなっていきました。

そして最悪の事態。‘息子くん‘の看病で休みがちだった私、事務員一人の会社だったのでついにクビ!


今でも、その最悪の事態が起きた時の‘息子くん‘の行動が忘れられません。
泣いているわたしに・・・2歳の‘息子くん‘。

息子:『かあか(お母さんの意味)、かあか、なんでないてるの?どっかいたいの?』
私:『クビになっちゃったの…』
息子:『クビ?クビがいたいの?わかった!クビのどこ?ナデナデしたげる!』
私:『・・・』
息子:『クビがいたくてないてたのか~』

クビをさすり、ティッシュを持ってきて涙を拭いてくれる息子を抱きしめたのでした。




【息子くん】と【娘ちゃん】【さくら桜】のこれまで | コメント(0) | トラックバック(0)

生れて…1歳まで

2014年04月30日
‘息子くん‘が生まれてから、さらに前妻の3人の子との折り合いが悪くなりました。

折り合いが悪いのではなく、私が悪いのでしょう。

今思えば・・・生まれた‘息子くん‘が可愛くて…なさぬ仲の子供たちに愛情を感じなくなったのかもしれません。
そんな私を許せなかったのか、酒乱だからなのか、私への暴力はどんどんひどくなりました。

いつも田舎の一軒家の、その家の庭に、自分が殺されて埋められている所を想像してしまう位に追い詰められていました。

‘息子くん‘にもお湯の入ったポットを投げつけるなどの行為がありました。
やっと長男坊が出来たと喜んでいた筈なのに…

‘息子くん‘に対するそういった行動が始まって…
離婚を言い出しましたが、当然拒否され、暴力は止まらず。

思いあまって、元だんなのご両親に泣きつきました。
最初は全く信じてくれなかったご両親でしたが、あまりにもの私の話、様子を見に来てくれました。

きっとショックだったと思います。
お蔭でなんとか離婚する事が出来ました…
今でもご両親、特に義母には感謝はしています。

私の父は半身不随で、在宅でその面倒を見ながらの‘息子くん‘との3人暮らしが始まりました。
‘息子くん‘がまだ確か生後8か月くらいだったと思います。

その後、父が‘息子くん‘1歳2か月の時に急逝し2人の生活になりました。

【息子くん】と【娘ちゃん】【さくら桜】のこれまで | コメント(0) | トラックバック(0)

生れるまで…

2014年04月30日
生れるまで…

毎日、私‘さくら桜‘がストレスを抱えて生活していました。

まずは‘息子くん‘の父親がひどい酒乱で。
(今の主人、‘息子くん‘のパパではありませんで。元だんなです)

飲んでは暴言・暴力。
殴ったり、首絞めたり。
翌朝、首の絞めあとをさすり、笑いながら『ごめんね~・・・』とか言うんです。
怖かった。
地元から離れた所に嫁に行ったので周囲に相談できる人もいないし、電話も外出もチェック。籠の鳥状態でした。

後妻に入ったので前妻の子、女の子が3人いました。

悪阻がひどく、妊婦なのにどんどん痩せて。

お腹の息子は発育が悪く、お腹にいた時から小さいと言われて、私も2度ほど検査入院したり。


やっと生まれたけど、あと1グラム足りなかったら未熟児で保育器にはいるという位小さい赤ちゃんでした。
予定日より2日早く生まれました。
その前の陣痛は3日位続き、そんな中家事をしながら何度も病院に行ったり来たり。
陣痛の間隔が数分になってもなかなか生まれず、風船を入れて何とか出産。

夕方まで誰も来てくれませんでした。
さみしかったし、痛かった…

でも‘息子くん‘は可愛かった。小さすぎる、細すぎる手足、弱弱しい泣き声。
でも本当に可愛くて、自分の子供、赤ちゃんってこんなに可愛いんだと感動しましたね。

そのころは自分が「オランダ」に行くなんて考えてもいませんでした…
【息子くん】と【娘ちゃん】【さくら桜】のこれまで | コメント(0) | トラックバック(0)

やったね!

2014年04月29日
ジャイアンツ戦、行ってきました。

最初に点取って、取られてまた取り返し、結局ジャイアンツの勝ちでした。

息子も主人も大喜び!
娘はルールがわからないので退屈で、途中から3DSでゲームに夢中でしたが、私も久々に熱くなってしまいました!

今頃、息子、施設の蒲団の中でいい夢見ているかな。見ていたらいいな。

次に息子が帰ってくるのは5/3から3泊4日。
連休でどこも混み込みだろうけど、どこで命の洗濯しようかな
命の洗濯? | コメント(0) | トラックバック(0)

予測不能な地雷

2014年04月29日
昨日、仕事が終わり、大急ぎで予定通り息子を迎えに行きました。意外と早く着いたのでラッキー!と思いきや、どんでん返しが待っていました。

出てきた息子と職員さん。
職員から謝りたい事がありますとの事。

息子がバスケットボールで遊び、よくわからないけれど注意され、それでなんとなく職員さんの車にボールを当て始めてまた注意され、そのやり取りで息子が先に手を出してしまい、それにカッとしたその職員さんが息子を蹴ったと…

その職員さんは車を非常に大事にしていらっしゃるとか。
きっと息子が何気なくやったボールを車のタイヤにぶつける行為がすごく嫌だったんでしょうね。
それはそうだと思います。
価値観も考えも人それぞれですから。

それに注意したのに暴言はかれ、揚句に平手打ちのようになってしまった事がまた許せなかったんでしょう。
蹴った行為はもちろん悪いけれど、どっちもどっち。

なので、職員さんには蹴ったりすることは今後やめて頂きたいと伝え、息子にも人が嫌なことはしない様に伝えました。
そこで終わるはずだったんですがね。

息子から勉強道具は持っていくか?と聞かれ、受験生なのでね、そうだねと軽く答えたのが『地雷』でした。
勉強は今日はやりたくないし、明日だって野球見に行くのに勉強なんかするならもう行かない。二度と家にも帰らねーと荒れまして。

結局うちには一緒に帰ってきましたが、予定よりも1時間20分オーバーでした。 (;^ω^)

主人にはメールで軽く状況を伝えていました。
帰宅し、食事が終わってから主人が息子に
『まあ、座れよ。』
『何があったかは詳しく聞いてないからよくわからないけど、まあ、人の嫌がることはやめろ、な?』と。
こんなことは珍しいです、めったに息子のことには口出ししない、というか無関心、ほったらかしの状態が通常なので。

私からは息子に、最近の過激な言動も含め、
『○○君(昔からの優等生のお友達)といつまでも友達でいたいと思うなら、釣り合うように自分も努力しなくてはいけない。あいつだったらこんな時こんなことしちゃうかなと考えたり。どんな時も友人、でもだからって何をしてもいいという事ではなく、いつまでも友人でいられるように自分を律していくことももう考えて行動しなくちゃ。』と話ました。

比較的、素直に聞けたようでした。なのでそれで終了です。施設に帰ったら、その出来事の時の振り返りはおそらくしてくれると思います…

何が地雷になるか、さっぱり予測不能です。

今日はみんなが楽しみにしていたジャイアンツ戦です。
主人も、息子も、娘もハラちゃんに会えるかな~とウキウキしています。

今から、ドームに出発です!!
ドームに地雷がないことを祈って・・・
楽しんできます!!
【息子くん】の事 | コメント(0) | トラックバック(0)

母も息切れ…

2014年04月27日
こんばんは。

この2週間、アレコレ、こんなに!?と驚くほどの問題続きで。

うちの息子くん。
最初は快調かと思いきや、やはり4月、新しい環境に疲れたのか最近は問題だらけ。

学校にも行ったり行かなかったり。いけない自分に対するイライラなのか、うまく運ばない状況への腹立ちなのか、同じ施設にいる不登校の子とつるんで繁華街に繰り出したり…部活もいい加減に出たり出なかったり、嘘をついて休んだり。
そこまででも、私としてはどうしていいのかわからず。
実際生活を共にしていないので施設職員さんに普段の対応はお任せではありますが…

でも、だからこそ、不安も募る…。


10日前、4/17。
帰宅したら玄関に見慣れない大きな靴。娘が不審者に!?と思ったら、施設職員と喧嘩し、職員を半分脅して小遣いを出させた息子が勝手に帰宅してました…。

息子と落ち着いて話あいました。
*帰宅は勝手にしてはいけない事
*いずれ施設から帰宅する事にはなると思うがその時期は今ではない事。
*あちこちと協議の上で決めなくてはいけない事。
*帰宅するためには何をクリアしなくてはいけないか等々…

息子も納得して、職員さんにお迎えに来て貰い無事、帰寮。


昨日、職員さんと私の定例会にて…(忙しい職員さんに時間を割いていただき、毎月1回位は2時間くらい息子の現状、これからの事など話あっています。)

さてさて、彼の心は休まらず、問題を引き起こしまくりとの事を聞きました。

上記アレコレに加え、さらに酷い。

同施設には幼児さんも一緒に暮らしていまして。
最初は息子もやさしく面倒見の良いお兄さんだったらしいのですが、最近自分のイライラもあってか、その幼児さんの問題とぶつかるのか(たいていの子供は何か自分自身の課題を持って入所しています。)

幼児さんたちに、意地悪しまくり、一歩間違えば虐待かと思うような事が多々あると。
このままでは幼児さんたちの安心安全な生活を守る為、息子を他所へ移すことにもなりかねない?…

情けないやら、悲しいやら、割り切れないやら…色んな思いから涙が出て止まりませんでした。
息子も、自分でもどうしたらいいのかわからない、やっていることはいけない事という意識はあるようですが…
(まあ、なかったら救いようがないですが…)

親の私が泣いている場合ではないと思いますが、私自身何も出来ない自分にも情けない思いがいっぱい。

もうすぐ、修学旅行に運動会。5月は行事が目白押し。
今は修学旅行の事前学習やら班決めやら、運動会の練習や係り決めやらの準備期間。
おそらくその準備の輪にうまく入っていけないのでしょう。
だから学校にも行きたくない…

部活もうまくいかない。
顧問の先生と外部のコーチの確執に振り回されてしまっている、うまく立ち回れない息子。

その息子の事を、同じ部員の生徒に『あいつはクズだから』と言ったとか言わないとかの外部コーチ。
教員免許をお持ちだ 
か聞いた事がある彼のその発言はまわりまわって息子の耳に最悪の形で、伝えられたそうです。
許せません。
確かに、普通の子供たちから見たら問題だらけかもしれないけれど、きっと息子なりに必死に何とかしようともがいているだろうに…
(もがいていると、頑張ろうとしていると信じたいのです…)

彼が悪いわけではないこともある。どうしようもない特性。


でも今彼がとっている行動、幼児さん、自分よりも弱いものへの思いっきりのいじめまがいの行動を今の私は許せないんですね。


職員さんと話、明日4/28の夜から1泊で帰宅させることにしました。息子も場を変えて、幼児さんたちと離れ、幼児さんたちは息子がいない間に一息入れる。苦肉の策というか…

学校があるので1泊。明後日の夕方には施設に戻ります。お互いにつかの間です。
その間、親として出来ることは何か。まだわたしわかりません。
明日迎えに行って…どうしようか、具体案がありません。
行き当たりばったり…

私、前向きにとおもっていますが、今は下向きっぱなし、泣きっぱなしです。
なんだか浮き上がれるか自分自身が心配。

うちの息子、きっと息切れどころか、息も絶え絶えって感じなのかもしれないですね…
でも母の私もこの調子で…息切れ。うまくフォローしてあげる自信ゼロ…


それでも、何とか前向いて…
【息子くん】の事 | コメント(0) | トラックバック(0)

はじめまして

2014年04月22日
はじめまして…

今日からブログを始めたばかりの初心者です。
今まではいろいろな方のブログを読み逃げ、たまにはコメントを残すといったようなことをしてきました。

うちの発達障害の息子のこと、いろいろな日々のことをこれから書き綴っていこうと思います。
はじめまして・さくら桜のこと | コメント(1) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。