05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

年内最後の診察

2016年01月12日
去年は12月28日が年内最後の精神科の診察だった。

冬休みはどう?と先生。
息子くん、『まだ始まったばっかりだから、よくわかんない。』

そうか、そうだよねぇ、前回の診察から随分経ったけど、どうだった?と先生。
『結構色々あった。ケンカとか…ね?(母に同意というか助け求めるというか)』

そうか、例えば?と先生。
『わかんない……』

私から説明していい?と息子くんに確認。
え?違う!って事があったら補足してと息子くんに言って12/20の110円から始まった悪夢のあの一件を話ました。
【ふたたび、修羅場】参照


結果、
だから、お母さん、離れなきゃダメって言ったでしょう?離れないからダメなのよ。と先生。

…先生。私は離れようとしましたよ。
…先生。あなたが私に息子くんの前でそういう発言をすると…
…先生。起きてしまった事、どこがダメだったかはいつまで言ってもしょうがない。
    今度、同様の事態になりそうな時どうしたらいいかを含めご意見頂けませんか?
…そして、先生。息子くんに、もう少し指導というか…どんな事があっても暴力はいけないって事は言って貰えませんか?


などなど、飲み込んで、黙って先生の話を聞きました。

そして先生から、
離れようとしたり、離れた方がいいって時の何か合図を決めたらどうかな?と提案。
先生と息子くんと私も含め考えた結果。
イエローカードならぬ、息子くんの好きな【プーさん】カードを作り、離れたいって時にそれを黙って出す。
出された方は納得いかなくてもとりあえずは離れる。ってルールが出来ました。

がしかし…そのカードはまだ出来あがっていません^_^;


そして、診察もそろそろ終わり。
先生から、冬休みの予定について聞かれた息子くん。
『キャンプとディズニーシーにいく。ね?(私に)』

私からも一言。先生に報告するかに見せかけて、息子くんへ釘をさす意味も。

『夏に大ゲンカした同じキャンプ場でリベンジです!』
『TDSも夏にインディ―ジョーンズの前で数時間大ゲンカで。やっぱりリベンジです!』

そうか。リベンジね、うまくいくといいね。次回診察の時に報告待ってるね!と先生。

その結果は次の記事にて…


にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ


いつも来ていただいてありがとうございます。
ポチッと押していただけると嬉しいです

スポンサーサイト
病院の事 | コメント(0) | トラックバック(0)

精神科受診は恐怖…!?

2015年10月26日
【薬増量、その後】でも記事にした様に、今の精神科DRに支えて貰っている感がない。

以前の施設職員Yさんにご紹介頂き、あるクリニックに行ってきました。      
期待満々で…
結果は…木端微塵でした。

診察予約の9時、15分前に到着。受け付けを済ませ、4階待合室で9:45まで待つ。
やっと呼ばれ、5階へ。
看護師さんからカルテを作るのでと説明の上、私の幼少期から現在に至るまでの長~い半世紀を語らされ…
思い出したくない過去、話したくない過去をかれこれ、2時間以上語りました。

また更に4階待合室で待たされた末、やっと13時過ぎ、3階診察室へ呼び出されました。

呼ばれて中へ。
《医師の○田です》
と、回転いすを回転させながら、ふんぞり返って足を組み座っている私と同年輩?のDR。
こちらもご挨拶しました。

診察開始です。
事前にY職員さんが今までの経緯を施設職員さんの立場で纏めた資料を送付、DRが目を通されていると看護師さんに確認済でした。

『で、息子さんはまだ施設?』
  〈あ、いえ、今は家で生活しています。〉
『あ、そうなの?いつから?』
  〈中学の卒業式を終えて、その後から自宅で生活しています〉
『それで?今日は何の相談?ちょっと一言で言ってみて』 
  〈えっと…〉
『はい!?どうぞ』
  〈一言ではちょっと難しいのですが…まあ息子の怒りのコントロールが出来なくって家族も、恐らく本人も困っていて。〉
『例えば?例えばどういう事で困ってるの?』
ここで、私が夏休みに【気になる点・困っている点】を箇条書きし、印刷した物をDRに手渡し、読んで頂きました。
そこには息子くん→パパへの怒り所、息子くん→母への怒り所も記載がありまして。

『正論じゃん!』
  〈(えっ!?)えっと…ただ私達も気をつけてはいて…〉
『この思い通りにならないと即切れるって書いてあるけど、どうなるの?』
  〈まあ、暴言、暴力は減りましたけど物に当たるなどで壁に穴とか…〉
『それから?思い通りにならないことって例えばなに?』
  〈買いたいって言っても全ては買えない訳で、でも欲しい、けど買ってくれないとか…〉
『お小遣い制にしなさいよ!』
  〈しているんですけど、足りないみたいで…〉
『いくら?いくら渡してんの!?』
  〈3000円です。やりくり出来るとは思えず、それで足りない分は相談、としていて。〉
『足りないわよ。高校生なんだから。5千円でやらせなさいよ。後は出さない。揉めても絶対出さない』
  〈はぁ…でもやりくり出来ないし…結局今、結構追加で出していて〉
『なんで?出すから悪いんじゃない。出さなきゃ良いのよ。暴れようがなにしようが、頑として出さない!』
  〈でも、いきなりそれではギャップが…手がつけられない位になったらって思ったら自信が無いんです。〉
『アンタさぁ、それは息子が必ず手がつけられない位に暴れるって思ってんの?信用してないんじゃん!』
  〈・・・・・・・・・・・・〉
『なんでそうやって先読みばっかりすんの?先読みイコール信用してないってことでしょう!!』
  〈お恥ずかしいですが、怖いんです…〉
『なにがしたいのよ!?アンタ。何がしたいのかさっぱりわかんないんだけど!?』
  〈なんとか、コントロールする術を…〉
『だって、アンタ達が好き放題やらせてきたんでしょう?ルールも作らずに!』
  〈ルールは、自宅で生活するにあたって作ったんですが、守れず、どんどん勝手な理屈で変化して…〉
『明文化しないからでしょう?紙に書いて貼る!してないんでしょう?』
  〈貼ってありますが、見ようとしないし、ほらここになんて言おうものならまた問題が複雑になって揉め事が大きく…〉
『だからぁ、それでよしと、アンタ達が良しとして来たからでしょう?話にならないんだけど』
  〈・・・・・・・・・・・・・・・〉
『とにかくなにがしたいのかわかんない。暴れるんなら警察呼びなよ。警察呼んだら落ち着くから!』
  〈以前に呼んだ時、警察の人に興奮状態で食いついて、連れていかれて一時保護所→施設となって〉
『警察は連れて行かないよ』
  〈小学生だから連れて行かれたんですかね?〉
『小中高関係ない。警察は連れて行かない。よっぽどの事が無ければね。』
  〈前回は連れていかれて。また連れて行かれて一時保護になると保護所からは通学出来ないのでそれは困るんです〉
『気に入らなかったら暴言吐いて暴れる、社会じゃ通用しないよ!?そんな勝手な事。だから警察呼んで分らせればいいのよ!』
  〈社会で通用しないのは勿論ですし、社会に出ることも考えてコントロールする術を身につけてほしくて。〉
『だからぁ、アンタ達が好き放題やらせてきてんだから、通用しないで暴れるなら警察呼びなさいよ!!』
  〈・・・・・・・・・・・・・・・・・・〉
『違う?お母さん、アンタがなにをしたいのかさっぱりわかんない。』
『だって簡単な事。社会のルールに外れるなら警察呼ぶ、違う!?』

  〈・・・・・・・・・・・・・・・・・・〉
  〈・・・・・・・・・・・・・・・・・・〉
『違う!?』
  〈・・・・・・・・・・・・・・・・・・〉
『他になにか言いたいことあります!?』
  〈・・・・・・・・・・・・・・・・・・〉
『なに?今度はダンマリですか?だんまり!?無言ですか!?』
  〈・・・・・・・・・・・・・・・・・・〉
 
途中から、どうしていいかわからず、こらえきれず泣いてしまった私にカルテに何か書き込み、ファイルに挟み…
カルテの入ったファイルを机の向こうから投げてよこしまして。
拾う私の頭の上から…

『次回の予約は取りません、また、何かご相談ありましたら電話で予約してください。』

終了です。ここまで15~20分くらいだったか…

絶句です。
打ちのめされて、どうしていいかわからず、週末は暗黒の世界で生きているみたいな気分。
かなり期待して、希望もって行ってしまったので。
あそこまでイヤな思いをしたのは、まあ久しぶり。

とにかく、絶句です。
暫く、病院探しはする気にならない。
もともとのDrを薬を処方してくれる人と割り切って通院しようと思います。


にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ


いつも来ていただいてありがとうございます。
ポチッと押していただけると嬉しいです

病院の事 | コメント(4) | トラックバック(0)

薬増量、その後

2015年10月06日

8月13日の診察の後。

【主治医か病院を変えた方が良いのかな。
 今のドクターに『支えて貰っている安心』を得られない、支えて貰ってる感なし。】

って、記事を書いた。
私もそう感じているし、息子くんも『あの先生、話聞いてくれない』と言っていた。


その日、8/13から、ジップレキサが倍量の5mgになった。
もう増量されてから、50日以上経つか…


夏休みだったこともあり、大荒れな息子くん。
薬増量の効き目があったのか定かではない。
増量する必要があったかどうかも…薬増量意外に何かなかったのか…

この後の診察が9月18日だった。
中途半端に終わってしまった夏休みの診察、待ちに待った次の診察。

相変わらず、忙しいらしいドクター。
『息子くんは?まだですか?』
➡もう少しで着くと連絡ありました、すいません。と私。

息子くんに見られない様に、夏休みからこっち、【困ったこと・問題点】を書き出して来た紙を渡した。

ざっと見たドクター、
『じゃあ、息子くんが来たらこれを見てディスカッションしましょうか。』
➡先生、それは、ちょっと。息子くんにそのまま見せられては困るんですけど。

私から先生にお願いを4つほど。

*ケンカしても最近離れることを拒否する息子くんに離れる様に改めて話してほしい
*ガツンとぶつかる前に、飲んだことない頓服を飲んでみる様に言ってほしい
*第三者に介入して貰う事の必要性と重要性について話してほしい
*君のタイプはこう、だからこんな風にしていくと良いというコントロール術を教えてほしい

なんて話をしているところへ息子くん到着。

診察開始。 …相変わらずの診察。

困っていることない? ➡ 別に。
学校は行けてる? ➡ うん。
学校楽しい? ➡ うん、楽しい。
部活はどう? ➡ うん頑張ってる。部活が月と木だけど、もっとあって欲しい。


これじゃあ、イカン!
なんとかこっちから、夏休み困ってる事あったよね?
ケンカが多くって、その事で先生に今回話を聞いて貰うって言って先生に手紙書いたよね?

息子くん、ああ、そうだったかも。って。

話をはじめて、…数分。

ケンカした時に離れる…が出来てないという事に対して。
私と息子くんの認識の違いからドクターの前で大ゲンカに。
夏休みのドロドロの大ゲンカの縮小版。
夏休みに我が家に吹き荒れていた嵐の…

(【夏休みこそ、休みなし…】の記事参照…)


ドクターは私を廊下に出して…
息子くんの話を聞くでもなく…廊下にいる私にはどちらの声も全く聞こえず。

廊下に出されて、また部屋に呼び戻されて。
また、息子くんと揉めると部屋を出され…
何度か繰り返すうち、息子くんが部屋から出てきて。
私には目もくれず、会計に向かって歩き出す息子くん。

その背中を見ながら、どうしたらいいのかを聞く私にドクターが言ったこと。

『1人で帰るって言ってましたけど、一人では危険でしょうね。お母さん、どうします?』

…こっちが聞きたい。

廊下で、息子くんが去った方向を見ながら、
『お母さん、次の予約どうします?』

息子くんがいないのではっきり予定がわからないという私に、
『じゃあ適当に取りましょう。変更は予約センターで出来ますから。』

取られた予約はよりによって部活のある、10/19の月曜で。

『今日は思ったより時間かかってしまったから、本当にこれ以上は1分でも無理だから!』
とドアを閉められてしまって、何も言えず。


この診察予約の変更、またこれで後日揉めまして…
しかも年末まで予約一杯で。なんとか10/23に入れて貰ったけど…。


先生、先生は一体何をしてくれるひとですか…?


この日、前にいた施設職員さんが息子くんに会う為に病院に来てくれていて。
その方と息子くんが話しているところに私が合流して。
その方のお陰さまで、何とか事なきを得て一緒に帰ることが出来たけど…


先生…先生は精神科のドクターで、何をしてくれるひと、ですか?


今、新しい病院探しを本格的に考えています。

にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ


いつも来ていただいてありがとうございます。
ポチッと押していただけると嬉しいです
病院の事 | コメント(0) | トラックバック(0)

受診 Part2

2015年05月24日
5月15日、【息子くん】の診察日。

悪夢のGWから、全く口も聞かず。なにか私に悪態ついたり睨んだりの日々を過ごし…
合間に母は息抜きで九十九里までドライブ。…に行く直前、家の車庫で車をぶつけ…
どうも歯車が上手く回らず…

診察の前日。
【息子くん】に明日の診察時間を確認。『わかってるよ!』(怒)
今のこの状況では一緒に病院に行かない方が良いなと判断しました。
初めて現地集合で1人で病院に来てもらう事にしました。
学校から病院へ回って、帰りは疲れるだろうと思い、私は早退して車で病院へ。

意外にも、病院では普通に話す【息子くん】。
診察室に呼ばれて親子で中へ。

ドクター『学校行けてる?薬も飲めてるかな?』
   ➡『ん、うん、毎日頑張って行けてるし薬もちゃんとアラームで時間で飲んでる。』
ドクター『そっか偉いね!頑張ってるんだね!すごいじゃん!』
   ➡『うん、ま当たり前だけど。でも毎日すごい疲れる。』
ドクター『なにか困ったことってある?』
   ➡『別に困ったこと、ないよね?』

…と私に同意を求めてる?GWの事は?その後の日々は?ドクターも『・・・』

【息子くん】にあるよね?と私から同意を求め…
どう話をしたらいいのか、わからないという【息子くん】。

ドクターから、
『お母さんも困っているってわかるかな?お母さんに話をしてもらって足りない事や君はこう思うってことがあったら補足してくれる?』と。

私から先生に一連の出来事を報告して。
【息子くん】にこんな感じだったかな?と。【息子くん】『うん、いいんじゃない。』と。

ドクターの前で話が出来て、いくつかのアドバイスを貰って楽になったのかな。
【息子くん】の表情が柔らかくなりました。

今かなと思いました。落ち着いている【息子くん】に話が出来るかなと。
【息子くん】の言動から私に引き起こされる、元ダンナ(【息子くん】のお父さん)のトラウマについても話をしました。

君のせいじゃない。
でも、お母さんが持っている過去の嫌な記憶が蘇ってしまう。
それでお母さんがパニックになってしまうから。
だから、暴言や威嚇や暴力はやめてほしい。

【息子くん】『わかった。お母さん、ごめんね。』と。

帰りの車の中では、もう普通に会話して。むしろ、普段出来ない様な話までして。
仲良く帰って来ました。
仕事して、車を往復運転する私に気を遣ったり、大丈夫疲れない?なんて言ったり。

ナイーブで優しい子。
でも何か掛け違ってしまうと暴言・暴力・威嚇に発展してしまう…


【息子くん】の5/15の受診は私にとって、貴重な時間でした。

にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ


いつも来ていただいてありがとうございます。
ポチッと押していただけると嬉しいです
病院の事 | コメント(0) | トラックバック(0)

受診

2015年05月09日
5/6の事があり、5/7の朝、私から病院の心病棟Mドクターに連絡。
退院後の外来もMドクターが継続して診てくださっているので。

途中から泣いてしまった私に、Mドクターが話をしましょうと。
昨日、8日に行って来ました。
本当は【息子くん】も一緒に行ければ良かったけど。行くことは伝えたけれど…

『はぁ?だから?何?意味わかんねー!』

目を三角にしている【息子くん】に一緒に行こうとは言えませんでした。


仕事終わり、走って駅へ。電車に乗ったは良いけど、人身事故で…
倍くらいの時間をかけてやっと着いて診察。

GWの事を大まかに報告(いつも忙しいDrなので5分で…とか言われちゃうんです

ドクター曰く…

まずは5日の対応がまずかったと。
5日と6日の出来事は別々ではなく、繋がっている一連の出来事だと。
先にみんなで入って、お金を置いてくるなら来い…的な対応をした方がよかったと。

6日のやり取りは全く論外だと。
興奮しているときには話さずに離れる。落ち着いてから話す。そうしないと話が大きくなる。
『それが鉄則だと、何度も言いましたよね?』と。

先生…わかってますが…なかなか…出来ないんです。
巻き込まれてしまうんです。揉め事の渦に…

泣き言を言いながら、DRに訴えてみた。
お母さんは八つ当たりの道具、サンドバックじゃないのに…どうして私にこんなに…
受け止められない・・・

『お母さんだから。
お父さんは平気で自分を見捨てると思ってる。お母さんは絶対にそんなことしないって信じてるからだよ』

お母さんだから…か…。


入院させてお母さんがその間少し休養する…事は出来る。
でも、その場合は退院して戻るのは自宅。
入院中、高校に通学するのは厳しいですねとDR。

施設に入れたいのであれば児相に動いてもらわなければ。
児相の担当者が頼りないから上手くいかないかもしれないですよとDR。


5/15のもともと予約の入っていた診察日、【息子くん】も含めGWの事を話ましょうと。

【息子くん】の言動。
私が持っている、元ダンナのトラウマに関しても話したほうがいいでしょうと。

15日までの間に、GW中の振り返りはしない事。
落ち着いて話が出来ると【息子くん】から言って来たら、謝ってきたら。
話は聞く、謝れたらそれは認める。
でも、母の気持ちやこれからの事については15日にMドクターの前で話すからで通す。

1週間、それで凌げるかな…

『お母さんさ、実家に帰るとか出来ないの?』   はい、無理なんです。
『1人でどこかに泊まってゆっくりするとか…』  出来ないです、先生。貧乏性なんで。

とりあえず、明日の日曜日、一人で海までドライブでもしてこようかな。
ドクター曰く、お母さんのセルフケアではなく、それが【息子くん】のケアになるんですと…
1人で羽を伸ばすって、簡単な様でなかなか上手く出来ない。


にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ


いつも来ていただいてありがとうございます。
ポチッと押していただけると嬉しいです
病院の事 | コメント(4) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。